2016/06/08

という訳で、初代1700をメンテしてみる

まだ引っ張ります・・・ヘッドホン話w

20年間頑張ってくれたMDR-CD1700(以下、初代。)
ここ数年は「ちょっとバラしただけでも音が変わったら嫌だなー」というくらい気を使っていましたが、今回有難いことに後継者が現れて音質も変わる事なく作業ができる事が確認できたので…。

初代をバラして(音が多少変わっても良いから)メンテナンス&清掃をしてやろうという気持ちにやっとなりましたw

あ、バラすのは当然親父ですよ!?(爆)




で、バラしてみると・・・



160608_01

160608_02
思っていたより全然綺麗でした(^^;)

響き調整の役目を果たしているのか?専用の紙がそれぞれ何枚か貼られていたり挟まっていますが、それもこの年数での使われ方を考えたら綺麗な方ではないでしょうか。
というか、下手に違う紙を貼ってそれこそ音質がグダグダになったら勿体ないので(汗)
ここはそのまま現状維持という方向で。


160608_03
また、ヘッドバンドのベルト部分…

片方の巻取り機構が壊れているという話は書きましたが、
ここは親父がいつの間にか直してくれていました(汗)


装着する際に影響はなかったので放置していたとはいえ、もっと早く治るなら頼めばよかったw


そうなると、やはり最後はヘッドバンドとイヤーパッドだけでも何か綺麗なブツに差し替えたく思いまして。
ヘッドバンドはまだよき代替品の情報は見つけていませんが、イヤーパッドについては

160608_05
オーディオテクニカ「ATH-A1000」用のパッドが多少強引ではあるけれど装着できそうだ!という記事を発見。
会社近くのヨドバシカメラに問い合わせると、在庫しているとの事で取り置きをお願いし…

160608_04
仕事帰りに買ってきました(笑)
(こういう時、会社から徒歩2分でヨドバシカメラがあるのは有難いです)

160608_06
確かに見た感じでは、ピッタリとまでは行かなくても入りそうです♪
一応オーディオテクニカ的には、写真の物が左用(よく観察すると左右対称の形ではない)らしいのですが、元々違うメーカーのヘッドホンに強引に入れようという話なので、同じ事をされる方は自分の好みで作業されると良いかと思います。
ちなみに我が家では一応左右は説明書通りにして作業します。

160608_07
親父に頑張っていただき、少しづつ広げながらハメ込んでいきます…


160608_08
お!片方が入りました♪こうなればあと半分!
頑張れ親父!(←

160608_10
片方のパッドをハメるのに10分程度。
めでたくイヤーパッドがリフレッシュされました♪

何度見ても、お役御免のイヤーパッドは汚くなっていますな…。
この個体は音質縛りから解放されたのもあるので、そうなれば清潔な方が良いに決まってますもんね(^▽^)♪

160608_11
2代目(最近買った方)と並べてみます。
見た目は少し変わってしまいましたが、リフレッシュ作戦自体は成功したので嬉しい限りです。

で、実は…肝心の音をまだ聞いておりません(笑)

ブログとしてネタを引っ張るというゲスな理由もありますがw

せっかくなら仕事で疲れたりしていない時(土曜日の午後イチとか?)にジックリ聞き比べしてみたいというのもあります。
今度はリファレンスうんぬんからは離れて、単純に
・「音質(音質の変化を含む)」
・「装着感」
・「長時間つけて居られそうか」

の3点を中心に試してみようと思います。

作業も終わったので、ヘッドホン置き場に戻して…

160608_12

あれ?右側のヘッドホンは一体…??
と思った皆さん、鋭い勘をお持ちで(爆)


そうなんです。
私が普段使っている仕事上のリファレンスヘッドホンは実はもうひとつありまして。

旧車趣味の方に例えるならば、今回までメインで話していたのはMDR-CD1700という型番のヘッドホンです。
こちらが趣味全開の車(旧車)だとします。<と同時に自分のアイデンティティでもある。
しかし、そういう方はそれ(ヒストリックカーやコレクターズカー)に毎日乗る事はしませんよね。
必ず「通勤車」「ファミリーカー」「仕事用の営業車」などを別に所有しているはずです。


実は、上記写真の右側に鎮座しているのは

160608_13
音響業界や音楽スタジオ業界では大定番となっている、SONY MDR-CD900STというモデルです。
これも以前書いたスタジオモニタースピーカーのYAMAHA NS-10Mと同様、見かけないスタジオは無いと言い切れるほど、どのスタジオでも採用されているヘッドホンです。

次回は、このMDR-CD900STについて書こうと思ってます(爆)



次回へつづくw
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント