2017/11/29

9月から最近までの購入機材・・・カメラ編

最近、カメラの三脚はもう少しシッカリした物が欲しいなーと思うようになりまして。

今までのは安い三脚でしたが、平行が取れた!と思ってネジを締めたらそれキッカケでズレてみたり・・・。
また、三脚にカメラを固定した上にリモートレリーズも同時に使って、絶対ブレないような体制でブツ撮りをしてみた時に、三脚がシッカリしていない故に、シャッターのショックでブレた写真が撮れてみたり(^^;

さらには11月後半に大きなイベントが控える事になり、もう少し真っ当な三脚が欲しいなと思うようになったのでした。



▼2017年11月7日(火)

171107_01

おー届いてた~



171107_02

SLIKの「ABLE 300FX」というものです。
ぶっちゃけ中古でしたが程度も良い物だったので、お安く買えました(笑)


171107_03
171107_04

実際に立ててみたり、カメラを付けてみるとこんな感じ。
フルサイズセンサーカメラ+300mmクラスの望遠レンズでも付けない限り、グラグラする事はないでしょう♪
(耐荷重は4kgなので、小型一眼レフとキットレンズの望遠くらいなら余裕です)



171107_05

また、脚の延ばし方によってはここまで下げて設置する事も可能です。
家の廊下では脚が広すぎですが、屋外などであればワンコ目線の写真も撮影可能ですかね。

171107_06

ちなみに、不満点もいくつか。

お値段の割に剛性が高いので気に入ってますが、なんとこのクラスで水準器が無い!
今まで持っていた、同じメーカーのもっと安い物でも最低限の丸い水準器は付いていたのに!(笑)
急遽、100円ショプで水準器を購入してバッグに忍ばせる事に(^^;

あと、脚を伸縮させてパチンと止めるロック機構。
有名なモデルになると大体はナットロックかレバーロックだと思うのですが、コイツはノブロックという普通にネジを回す要領でロック・アンロックするモデル。
時間がある時の記念写真などでは別にコレでもよいですが、寒い中で時間が無いときの撮影には全くオススメできませんw

※ロック機構の区別に関してはこの記事をご覧になると早く分かるかと


171107_07

なお、三脚ケースはヨドバシで触り比べた結果、SLIKではなくベルボンの方が同じ内容なら安い!
SLIKだと6,000円くらいする物が、ベルボンだと同内容で4,500円くらいで売っているイメージです。
私は本体とケースでメーカーロゴを合わせるとか全く気にしないタイプなので、もちろん安く買えるベルボンをチョイス♪



171107_08

結果的には買ってから私用にも仕事でも持ち出す事が多く、よい買い物だったなーと思います。
私が三脚にこれ以上拘るという時は、間違いなくカメラ自体が大きく変わる時でしょうかね。



おしまい
スポンサーサイト
2017/01/26

レンズのプロテクター買いました…と、改めて新規購入レンズを書いてみる

毎年の初日記は、1年の(重くない内容の)目標を立てていますが…

■生活面(体重の事もここに含む)
ここに関してはまだ何も…というか、生活に必至な毎日です(笑)

■趣味面(車関連)
こちらも、まー半年くらいは動きは無いでしょうかねぇ。

■趣味面(ほか諸々)
そうなれば、ここくらいは何とか…ねぇ(笑)

という訳で、まずは年末に新品購入したカメラレンズの保護フィルター(以下、レンズプロテクター)くらいは購入しておきましょう。
せっかく新品で買ったレンズですからね、外周はともかくレンズにキズはまだ付けたくありませんw

170110_04
改めて、前の日記にも登場しました購入レンズのおさらいです。
TAMRON SP 70mm-300mm F/4.5-5.6 Di VC USD(model A005)
というヤツです。

・Nikon純正の同じ焦点距離(70mm-300mm)のモデルが、登場からかなり経過して設計が古くなっている事
・タムロン50周年記念モデルという事で気合の入った造り(らしい)である事
・Nikon純正から比べると半額以下で購入できてしまう手軽さ
・ズームリングの回す方向がNikonと同じ
・私は現在APS-C(DX)フォーマットのセンサーカメラを使っているが、将来フルサイズ(FX)センサーのカメラに買い替える事があったとしても使い回せる(=フルサイズ対応レンズである)


が購入の決め手になりました。

そりゃー50万円のボディに50万円越えで、~600mmな焦点距離のレンズを付けて連射撮影したら、遠くの鳥やサーキット車でもメッチャ綺麗に撮れるんでしょうけど(笑)
<もちろん、それを買うくらいの最低限の知識はある前提



貧乏人からすれば、これでも充分に優れた「撮れ高が期待できる」という意味では、コスパ最強レンズのひとつかと思います。



デメリットをあげるとすれば
・Nikon純正では無いので、Nikonのカスタマーセンターでボディとレンズのマッチング調整ができない
・同じ理由で、故障のような現象が起きた時にボディが悪いのかレンズが悪いのかカスタマーセンターでは見てもらえない
(普通はNikonのキットレンズくらいは持っているでしょうから、そちらで最低限検証はできるはずですが…)

素人の使用感としてはこれくらいでしょうか。

テストで撮影した感じは上々なのですが…何せまだ、このレンズがバリバリ活躍する撮影イベントがありませんで(^^;




実際に活躍してもらう前に、レンズのプロテクターだけでも買っておこう、となっていた訳ですな。
(やっと本題w




とはいえ、じゃあ買うぞ!となっても、現実少しでも安く買いたいのは本音でして。
ぶっちゃけ、綺麗ならプロテクターなんて中古でもいいや~と。

じゃあどこで買ったのかといいますと…


仙台駅の東口にはヨドバシカメラがあるのは皆さんご存知かと思います。
実はヨドバシカメラの横のビルにはカメラのキタムラが入っているんですね。
「な~んだ、あの七五三の撮影スタジオとか、ママ向けコンデジ販売がメインのキタムラでしょ?」
と思った方…これがまた違うんです。

170113_01
ここは他のキタムラ店とは全然店の雰囲気が違います(汗)
「仙台中古買取りセンター」なる店名からも分かる通り、ボディやレンズの中古流通をメインにしているマニアックなキタムラなんですね。

ショーケースには各メーカーのエントリーモデルから100万円越えのモデルまで、ボディからレンズから周辺機器からが中古でズラーっと並んでいるのであります(笑)
しかも、レンズメーカーごとではなく「マウントごと」にショーケースが分かれているので、Canonに装着できるレンズなら純正も非純正も一緒の棚に。Nikonに装着するレンズなら同じく純正も非純正も同じ棚に並んでいるのでありますな。
これは探しやすくてGoodだなーと思っています。

実は、昨年の正月に買ったNikon純正の16mm-85mmも、ここの中古を買いました。
新品だと当時80,000円くらいしていたのですが、美品を35,000円くらいとお安く調達できたのであります。

ではなぜ今回のTAMRONは新品にしたかというと、デメリットのひとつである
・故障のような現象が起きた時にボディが悪いのかレンズが悪いのかカスタマーセンターでは見てもらえない
が新品時に出た時に面倒だなと思ったからです。

初めて購入する非純正のレンズですし、元々新品で32,000円くらいで買えるモデルなので(笑)
新品の頃から異常動作された時に新品保証が付いていた方が良いかなと(^^;




話が長くなってきたので戻します(汗



そこで、今回のレンズの径である「62mm」の保護プロテクターを探します。
(丁度、画像の手前に並んでいるのが中古フィルター・保護プロテクターコーナー)

170113_02
ありました~ケンコーのPRO1Dプロテクター62mmサイズ。
安い方のMCプロテクターではなく、ワンランク上のPRO1Dプロテクターが、中古とはいえ美品で950円♪
(新品だと62mmは当時3,500円くらいで売ってました。現在でもAmazonでは2,500円くらいするようです)



今回は新品を買いましたが(汗)
今後も趣味に留めつつ最大限楽しむためにも、カメラ趣味に関しては積極的に中古の良さそうな物で遊んでいけたらと思っているワタクシなのでした(^^)



おしまい